オフィス移転には様々な良い効果があります。その最たるところはオフィスレイアウトの見直しをすると同時に複数拠点をまとめることで業務効率を上げるということです。また、新しいオフィスというだけでも従業員のモチベーションはかなり上がりますし、オフィスを訪れる人にとっても会社に好印象を持ってもらえることは様々な面でメリットがあるでしょう。そんなオフィス移転ですが、メリットは大きいもののやはり費用も掛かってくるものとなります。

費用に関しては大きく分けて3つ。退去に関するもの、引越しに関するもの、そして新事業所に関するものです。そのどれもがかなりの手間と費用が掛かるものとなります。例えば退去時には原状回復費用や契約解除料、明け渡しまでの光熱費などがあります。

引越しについては忘れてはならないものとして捨てるものの廃棄にもお金が掛かりますし、新事業所については内装や新たに購入する家具や機器類だけでなく、ネットワーク、電話など通信インフラの準備も忘れてはいけません。このようにオフィス移転にはかなり様々な作業が発生します。これは費用面だけでなく各工程で業者とやり取りする手間もかなりのものと言えます。ただ、こういったコストに関しては抑えることもできます。

例えば、オフィス移転を最初から最後まで全て任せられる業者に依頼することです。そうすればコストを抑えるだけでなく、複数の業者とやり取りする必要がなくなるので社内担当者の負担も減らすことができるのです。オフィス移転を考えている場合は、すべてを任せられる業者を検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です