オフィス移転には契約から引っ越し諸々終わらせるのに数カ月、半年かかる場合が一般的と言われています。そのため、移転に関する担当者はこの任務だけで300時間以上費やすことになるとも言われています。当然、この仕事だけをするわけではありませんから、いかに時間がかかり、すごい労力を必要とするかがよくわかります。ですので、効率よくほとんどのことを行ってくれる業者を選ぶことが、オフィス移転を滞りなく行うには必要です。

事務所の移設作業などこうした任務を何度もしている人ならマニュアルなどが頭に入っていてスケジュールも立てやすいですが、初めてやる人にすれば混乱してしまい、面倒なことになりがちです。もし可能であれば、オフィス移転に関する企画から実行まで全てをサポートしてくれる業者にお任せするようにしましょう。こうした業者にお願いすれば、例えば原状回復工事の業者への連絡、運送屋、電話やネット工事の業者などへの調整をやってくれます。またオフィスのプランニングも一緒に考えてもらえるのでとても便利です。

一番やってはいけないことはオフィス移転に関する費用を極力削ることです。そのために、移転した後のケアが行きとどかなかったり、環境整備に時間がかかり、連日残業しなければならないといった問題が発生します。毎年オフィス移転をするわけではないので、こういう時こそお金をかけて、すぐに業務が始められる体制作りが大切です。そのためにも、費用面ではなくサービス面で、オフィスの移転を担ってもらえる業者を選ぶようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です