今よりも売り上げを上げたい、手狭になったから広くしたいなど様々な思惑があってオフィス移転は行われます。また、ビルが取り壊しになったり、契約期間がそろそろ終わりになったりという事情もあります。こうした日程を逆算した上で、オフィス移転のスケジュールは立てられ、各種手続きなどをしないといけません。通常、こうした業務は事務員や人事課などの慣れた人が行うものですが、中には現場責任者が行う場合もあり、色々と混乱が生じてしまいます。

いつまでに何をするか、これを最初に明確にしてからオフィス移転に関する作業をしていかないといけません。新しいオフィスに関する作業が一番やることが多く、最初に全て決めておかなければなりません。契約までにやっておくべきことより、オフィス移転してからの事務的な作業が実はとても煩雑で、間違いを起こしやすい時期です。例えば、電話回線の確保、ネット回線の工事、コピー機やパソコンの設定、移転したことをお知らせする案内状の作成から封筒やハンコ、名刺、金融機関の届け出など多くの手続きが必要になります。

特に労働基準監督署、ハローワーク等の労働に関する官庁への申告などは出来るだけ速やかに行う必要があります。引っ越し作業も大変です。全てを業者に任せる場合ならいいですが、最近は節約のために社員が手伝う場合があります。この際、オペレーションを現場責任者がテキパキ行わなければなりません。

オフィス移転を完了させるまでには多くの人の手間と苦労が求められるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です