事業の拡張や業務形態からオフィス移転の計画を立てる場合がありますが、行う場合には必要となる費用に関して理解をしておくことが大切なことになります。オフィス移転には、様々な経費が生じることになりますが、まず、賃貸契約に関するものがあります。ここでは、保証金となる敷金、仲介手数料、前家賃などがあり、多くは月額家賃を基準にして決められています。ここでの内容は物件や貸主によっても違いがあることから、事前に確認を取ることが必要になります。

次に内装や設備に関するものがあります。オフィス移転では、行う業務に合わせて内装や設備に手を加えることも多く、この場合には内装や間仕切り、また、電気や電話、ネットワーク等の関しての費用がかかることになります。方法としては、業者にレイアウトの委託をする場合もありますが、スムースに行うためには事前にオフィス空間のイメージを決定しておくことが大切なことになります。3つ目としては引越しに関するものがあります。

引越しは企業規模や業務形態によっても内容に違いがありますが、小さなオフィスでも荷物も多くなりがちとなり、事前に引越し業者からの見積りを取っておくことが必要になります。また、オフィス移転では、移転前の什器や備品などの再利用を行う場合も多くありますが、建物が新しい場合などでは新調をすることも多く、この場合には数が増えるごとに費用がかかることになるために、内容に関して十分に検討をしてから購入の決定をする必要があります。抑えておく内容としては、移転前の現状回復や、移転に伴い不要となったものの廃棄処分に関しても把握をしておく必要があります。特に現状回復に関しては、保証金などの返金にも関係する場合も多く、貸主や仲介となる不動産業者との打合せが大切なことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です