事業を大きくしていく過程では社員の数が必要になったり、部署を増設する必要があったり、より事業の中心となる地に事業所を持ったりすることが大切になります。その実現のためにオフィス移転が必要になるケースも会社を経営する上では経験することです。新しいオフィスを手配して、古いオフィスを処分すれば良いと平たくいうことはできますが、たったそれだけのために莫大な費用がかかるのが事実です。そのため、少しでも費用を削減するという考え方をもたなければオフィス移転をした結果として事業の展開が滞り、赤字に転じたり、企業としての存続が難しくなってしまうという事態も起こりうるものです。

オフィス移転に伴って大きな出費となるのはもともと借りていたオフィス物件の原状回復というケースが多いのが事実でしょう。それを削減するために役立つのが居抜きオフィスを利用するというアプローチです。オフィス家具などを残したままオーナーに買い取ってもらって退去するということを申し出てみるというのが賢い考え方となります。オフィスの居抜き物件を探している企業も多いことから、居抜きオフィスとして扱うことによってオーナーも次の借り手を期待しやすいというメリットがあります。

設備などを購入し、次の借り手に売却する際の差額も利益となることからこういった申し出をすると受け入れてくれるケースも多いのが事実です。こうすることによって設備の処分にかかる手間と原状回復費用を削減してオフィス移転を実現できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です