オフィス移転には多額の費用がかかりますが、多くの一流企業が頻繁にオフィス移転を繰り返しています。これは、オフィス移転をする費用以上に、新しい場所にはメリットがあるということなのです。メリットというのはいろいろですが、中でも大きいのが経済的なメリットです。端的に言うと、いい立地にオフィスを移転させるとそれだけで業績が上向いて株価も上がる可能性があるということです。

オフィスがどこにあるのか、またどのようなビルに入っているのかで、社会的信用も変わりますし、仕事のしやすさも変わります。多くの企業が、いい立地にオフィスを構えることの重要性を認識しているのだと理解しましょう。数億という費用がかかったとしても、効果がそれ以上であれば何も損なことはないのです。むしろ、移転しないことこそが損だというわけです。

経営者は、事業規模に合わせて適宜最適な立地と建物にオフィスを入れることを心がけておくべきです。一流企業になればなるほど、都心の一等地にオフィスを構えることが多いです。確かに値段だけで言うと地方に本社がある方がいいのですが、値段だけではすべてが決まらないのが難しいところです。一見赤字になりそうな場所にオフィスを移動させることで、飛躍的に業績を伸ばしたケースも見受けられます。

いい立地にはそれだけ大きな目に見えにくいメリットあるわけです。社員のモチベーションも違いますし、他社との連携のとりやすさも違います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です